訪問介護・障害福祉 サービス

支援を必要としている地域の方々に対し、

介護保険法、障害者総合支援法に基づいた公的支援を、

地域の保健・医療・福祉サービス各機関との連携を図りながら行なっています。

介護保険法による訪問介護

■内 容

  • 身体介護
  • 生活援助

 

■利用するには

  • 区役所または地域ケアプラザで申請し、介護認定を受けます。
  • 「要介護」「要支援」の認定結果が出たら介護保険のサービスを受けられます。
  • ケアマネージャーを選んで契約し、受けたいサービスを決めます。
  • サービスを受ける場合は希望の事業所を選んで契約し、サービスが始まります。
  • 利用料は受けたサービスの単位に応じて決まります。

 

■活動するには

 

  • 「たすけあい・ゆりの木」の会員になっていただく必要があります。
  • ヘルパーの資格が必要です。

☆ ヘルパー募集中です。 ⇒  お知らせページへ


障害福祉サービス

■内 容

  • 居宅介護(身体介護 ・家事援助・通院介助)
  • 同行援護 ・・・視覚障害者の外出の支援
  • 移動支援

 

■利用するには

 

  • 区役所のケースワーカーに相談して、受けたいサービスについて受給者証を申請します。
  • 事業者と、サービスの内容と1か月のサービス時間数を契約します。契約は複数の事業者と結ぶことができます。
  • 受けたサービスの内容と時間数によって利用料が決まり、事業者に支払います。

■活動するには

 

  • 「たすけあい・ゆりの木」の会員になっていただく必要があります。
  • ヘルパーの資格が必要です。
  • 同行援護には同行援護従業者の資格が必要です。
  • 移動支援にはガイドヘルパーの資格が必要な場合があります。

☆ ヘルパー募集中です。 ⇒  お知らせページへ

※ たすけあい・ゆりの木では、毎月、資質や技術向上のための研修を行っています。

※ 事例検討などを通して、個々のケースについて理解を深めながらチームで支援していく体制をとっています。